• 販売管理H200の消費税率変更の方法


  • 軽減税率対策補助金

    【軽減税率の設定についてはこちらをクリックしてください】

    消費税率の変更方法の準備

    ■販売管理H200をバージョンアップ

    ・最新版の販売管理H200をバージョンアップします。
    ※H200-32のバージョン以降にします。

    【販売管理H200のダウンロードをこちら】

    ■変更が必要な箇所

    ・消費税率が変更にった場合、変更する場所は下記の通りです。

    A)税率マスター

    B)商品マスター:「販売単価」、「仕入単価」、「定価」の各税込金額部分

    C)顧客単価マスター:「商品単価」

    D)仕入先単価マスター:「商品単価」



    一括で変更する方法

    ※処理前には必ずバックアップを取ってください

    @上部の「売上、仕入、在庫、POレジ」のどれかを押し、左側の「税率」マスターを押します。

    消費税変更

    A変更する税率をリストからクリックします。

    消費税変更

    B税率名、税率を変更します。※例では5%から8%にしています。

    C「登録」ボタンを押し「はい」を選択します。

    消費税変更

    D変更された「8%」をリストから選択します。

    E「税込単価一括変更」ボタンを押します。

    消費税変更

    E「変更前税率」に「5」を入力します。

    F「処理開始」ボタンを押します。

    G「はい」を押します。

    消費税変更

    H終了メッセージが表示されたら処理全て終わりです。

    消費税変更

    上記の処理ではA〜CでA)の処理が、D〜Hの処理でB)〜D)の処理が行われます。



    個別に変更する方法

    ■B)商品マスター

    1)商品マスターの「単価CSV作成」を押すとCSVファイルが作成されます。

    消費税変更

    2)それを表計算ソフトで開き単価を変更して保存します。
    ※桁区切り記号が入らないよう気をつけてください。(例458,000→458000)

    3)商品マスターの「単価CSV読取」で変更したCSVファイルを読取更新する事が出来ます。

    消費税変更 消費税変更 消費税変更

    ※商品マスターの商品を1件づつ呼び出して変更登録も出来ます。

    ■C)顧客単価マスター、D)仕入先単価マスター

    ※顧客単価マスターを例にとります。仕入先単価マスターも同じ方法です。

    1)顧客単価マスターを開き「ファイル作成」を押すとファイルが作成されます。

    2)作成されたファイルを表計算ソフトで開き単価を編集・保存します。
    このとき、率額区分が「1」の場合が単価ですので、その行の「税込値」だけを変更します。
    (※率額区分「0」は掛け率なので変更しないでください)
    ※桁区切り記号が入らないよう気をつけてください。(例458,000→458000)

    3)顧客単価マスターの「ファイル読取」を押すとファイルが作成されます。

    消費税変更

    ※1件づつ呼び出して変更登録も出来ます。




    会社概要

    特定商法取引に基づく表示

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ