• 販売管理H200の消費税の軽減税率対応について


  • 軽減税率対策補助金

    軽減税率について

    ■軽減税率とは

    ・商品目毎に消費税率が異なる消費税制度を言います。

    ・例えば、食パン→8%、お米→8%、ワイン10%、テレビ→10%の用に商品毎で消費税率が異なります。

    ・当販売管理H200では商品毎に消費税率を設定することが出来ます。

    ・当販売管理H200では消費税率が混在した状態でもそれぞれ消費税率を計算して正しく表示させます。

    ■計算例

    【商品毎の消費税計算設定の場合※税込商品価格を単純に合計する場合】

    (※ 8%商品→税込108円×10個 と 10%商品→税込220円×3個 の場合)

    本体価格:
    (100×10)+(200×3)
    1,600円

    消費税額:
    (8×10)+(20×3)
    140円

    請求金額:
    (108×10)+(220×3)
    1,740円



    【伝票毎・月締請求毎の消費税計算設定の場合※税抜単価から消費税を計算して税込額を計算する場合】

    (※ 8%商品→税抜100円×10個 と 10%商品→税抜200円×3個 の場合)

    本体価格:
    (100×10)+(200×3)
    1,600円

    消費税額:
    (100×10×0.08)+(200×3×0.10)
    140円

    請求金額:
    (1600)+(140)
    1,740円





    軽減税率の設定準備

    税率マスターにて8%、10%の消費税率を作成し、商品マスターに商品毎にどちらかの消費税を設定します。


    ■税率マスターにて

    軽減税率

    @上部の「売上、仕入、在庫、POレジ」のどれかを押し、左側の「税率」マスターを押します。

    A追加する税率を 「税率名」「税率」を入力します。
    ※画像例の場合「税率名:8%」「税率:8」です。

    B[登録]ボタンを押して登録します。これで8%と10%の税率が両方マスターに登録されています。

    C税率マスター画面を閉じます。


    ■商品マスターにて

    軽減税率

    @変更したい商品を呼び出します。

    A「消費税」の項目で消費税を選択します。

    B「登録」ボタンで設定情報を登録して終了です。

    ※商品マスターでの消費税の登録は、商品1件を呼び出して消費税変更、登録でも出来ます。
    また全体を一括して変更も出来ます。
    またCSVファイルを作成して表計算ソフトなどで編集して読込更新も出来ます。





    日々の業務にて

    ・日々の業務で消費税の違いを意識して処理することはございません。

    ・上記の項目でありますとおり、消費税の税率の違いによって自動で計算集計いたします。




    会社概要

    特定商法取引に基づく表示

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ